Corporate Leadership

 ローレンス・E・デューウィー  - 会長、社長兼最高経営責任者

1989年2月アリソントランスミッション入社。2007年8月のカーライルグループ社とオネックスコーポレーション社による買収以降、同社会長、社長兼CEOを務め現在に至る。

買収以前は、2000年に社長に就任したほか、マーケティング/セールス/サービス担当取締役、オランダを拠点とするアリソントランスミッション・ヨーロッパの業務執行取締役、中央地域(米国)販売マネジャー、マーケティングマネジャー、アフターマーケット製品担当マネジャー、生産マネジャーなど、数々の役職を歴任した。

2003年から2007年までは、アリソン社の社長職と兼務でGM社パワートレイングループのマーケティング/セールス/ブランドマネジメント/顧客サポート担当グループ取締役を務めた。アリソン社入社以前は、GM社ディーゼル機器部門とロチェスター製品部門でも複数の要職に就いている。

キャリアをスタートさせたのは1974年、GMインスティテュート(現ケタリング大学)のGM生協学生のときであった。現在は、インディアナ商工会議所とインディアナ・スポーツ・コーポレーションの役員も務めている。

 デイビッド・S・グラツィオーシ - 取締役副社長(エグゼクティブVP)/最高財務責任者(CFO)/財務担当役員

2007年11月に取締役副社長、最高財務責任者兼財務担当役員としてアリソントランスミッションに入社以降、現職。アリソン入社前の2006年から2007年には、コバレンス・スペシャルティー・マテリアルズ社のエグゼクティブVP兼CFOを務める。

コバレンス・スペシャルティー・マテリアルズ社以前にも、2005年から2006年にはヘキシオン・スペシャルティ・ケミカルズ社の前駆体およびエポキシ樹脂部門財務担当VP、2004年から2005年にはリゾリューション・パフォーマンス・プロダクツ社のエグゼクティブVP兼CFOなど、業界内のさまざまな役職を担った。またそれ以前には、ゼネラル・ケミカル・インダストリアル・プロダクツ社のVP兼CFO、ジェンテック社の財務担当取締役、サンケミカルグループの内部監査担当取締役兼法人副監事にも就任した。 グラツィオーシ氏はまた、公認会計士(CPA)や公認情報システム監査人(CISA、非開業)でもある。
 マイケル・A・ディック - 購買/サプライヤー品質/製造技術担当副社長(VP)


2006年7月アリソントランスミッション入社。2012年8月に購買/サプライヤー品質/製造技術担当VPに昇格して以来、現職。その前には、2006年より2種類の要職に就任しており、まずはインディアナポリスの1000/2000シリーズ™製造工場の執行取締役兼工場長として、チームと共に1台あたりの製造単価および製造時間、顧客開拓や市場クレーム不良率(PPM)などを大幅に改善した。

また、次に製造技術担当の執行取締役として就任すると、インドのチェンナイにおけるフェーズII組立工場の新規立ち上げやハンガリーのセントゴットハールドへの3000/4000シリーズ™組立事業の移設を手掛け、これを成功させた。

アリソン入社以前は、ニューベンチャーギア社(GM社とクライスラー社の合弁会社)でVP兼部長を務めた。その役職においては、彼のチームと共に十数年間赤字続きであった事業を受け持ち、黒字転換させた。パデュー大学機械工学技術学士号取得

 マイケル・G・ヘドリー - 国際マーケティング/セールス/サービス担当副社長(VP)

1988年11月アリソントランスミッション入社。2007年に北米外マーケティング/セールス/サービス担当VPに就任して以来、現職。それ以前の2003年から2007年まではゼネラルモーターズ・パワートレイン社の非関連会社向けセールス/応用技術ならびにパワートレインマーケティング部門、また2000年から2003年までは軍用プログラム部門、そして2003年には事業計画活動の責任者を務めた。

1997年から2000年までは、アリソントランスミッション・ヨーロッパの業務執行取締役に就任。国際ビジネス経営においてより広範な役割を担い、1998年にはアジア太平洋地域、1999年には南アメリカ地域を担当した。それ以前の1988年から1997年までは、さまざまなグローバル市場に焦点を当てた軍用および商用部門にて様々な役職を担う。またアリソン入社前は、デトロイトのゼネラルモーターズ社軍用車事業部門で新規事業開発マネジャーを務めた。

 ランドール・R・カーク - 製品技術担当副社長(VP)

1976年5月アリソントランスミッション入社。2009年に製品技術担当VPに就任して以来、現職。それ以前の2007年から2009年までは、移行プログラム管理者事務局の執行取締役として、ゼネラルモーターズ社からの分離を目的とした複数の責務を担うクロスファンクションチームを率いた。また2001年から2007年まではマーケティング/セールス/サービス部門における顧客サポート担当取締役を務めた。

1997年から2001年までは複数の製品ラインの製品チームリーダーを務めた。それ以前にも、監督、総監督、生産管理者、品質/信頼性マネジャー、製造技術ならびに品質マネジャーと部門プログラムマネジャーの兼職を含め、業務ならびに品質部門で数々の要職に就いている。

ディーンE. ラネイリ: 副社長、情報システム及びサービス&最高情報責任者

ディーン・ラネイリは、2011年5月に、国際IT基盤・運営部長として、アリソン・トランスミッション社に加わり、現在は専務取締役・情報部長です。

アリソン社で働く前は、 ラネイリは、ピッツバーグのアルカテル-ルセントの国際サービス部長として、ピッツバーグ大学医療センターの、音声、lデータ、ワイヤレスネットワークのIT運営の責任者でした。

ラネイリはまた、ピッツバーグのアバンティコムで、プロジェクト・マネジャー、オペレーション・マネジャー、プロフェッショナル・サービス部長等を歴任するとともに、責務を拡げてきました。来練はペンシルバニアのインディアナ大学を卒業しました。

 エリック・C・スクロギンス - 法律顧問/秘書担当副社長(VP)

2007年12月に法律顧問および秘書担当のVPとしてアリソントランスミッションに入社以降、現職。取締役会と経営幹部チームへの法的ならびに事業に関する助言や法務管理、輸出コンプライアンスならびに政府/地域社会関係事務局の監督を担当している。

アリソン入社前は、2006年から2007年にプロダクト・アクション・インターナショナル社の法律顧問を務め、また2001年から2006年にはアイス・ミラー法律事務所の弁護士であった。アイス・ミラー入所前には、インディアナ州職員として、インディアナ州人事部次長などのさまざまな職務を歴任している。